秋は抜け毛が増える事が多いといわれる原因と対策

秋になると急に抜け毛が増えることは多い

夏のうちはそうでもなかったのに、秋になった途端急に抜け毛が増えてきた、頭皮の様子がおかしくなってきたという人は多いのではないでしょうか。
季節の変わり目はお肌が弱くなるのと同じように、頭皮も抵抗力が落ちてしまいがちです。しかし抜け毛の増え方が尋常でなかったり、今まで抜け毛がなかったという人でも急に目立つようになったと感じる人が多いのが秋なのです。
どうして秋になると抜け毛が増える人が奥なるのでしょうか。

秋になると抜け毛が増えてしまうのは何故?

何故、秋は抜け毛が増えるのか。その原因として考えられるのが「夏に受け続けた頭皮へのダメージ」です。
夏は紫外線だけでなく、室内のエアコンによる乾燥や汗、そして皮脂なども頭皮にダメージを与え続けます。
外にいるときは汗をかいて、頭皮は皮脂や汗まみれになる。しかし室内に入ったら頭皮は急激に冷やされ、さらにエアコンのおかげで頭皮が乾燥しがちになります。
頭皮の温度差も激しく変化する夏は、常に頭皮に刺激を与えているのと同じ状態となってしまうのです。そのため秋になると今までのダメージの積み重ねの影響が一気に現れてしまうため、抜け毛が増えるという状況になってしまうのです。
また、夏バテや無理なダイエットなどで栄養バランスが崩れると、夏が終わる秋頃に体に影響してくることがあります。
そのため夏バテで食欲が落ちたり、思うように食事が取れなかったという理由で頭皮に十分に栄養が与えられず、秋になると同時ぐらいに髪が脱けてしまうということはよくあります。

秋になる前はもちろん、秋のヘアケア・頭皮ケアは念入りに

秋の抜け毛を防ぐためには、夏の過ごし方はもちろんダメージを受けた頭皮をしっかりといたわってあげることが必要です。
外と室内の気温の差は防ぎようがありませんが、紫外線を防ぐことはできるはずです。
また、汗や皮脂で頭皮が不潔な環境になりやすいので、1日1回、寝る前には必ずお風呂に入り頭皮をきちんと洗って清潔を保つことを心がけるといいでしょう。
すでに秋に入り、抜け毛が目立っている状態だという場合でも遅くはありません。そのままにしていればどんどん頭皮のダメージは進行していきます。
頭皮を清潔に保つこと、ダメージがこれ以上増えないように防いであげること、さらにダメージが蓄積された頭皮をいたわってあげることを意識してヘアケア・頭皮ケアを行うことで秋の抜け毛はかなり改善されることでしょう。

市販の白髪染め、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えるには

市販の白髪染めは髪や頭皮に刺激となることが多い

1回や2回ではわからなくても、何回も何年も使い続けることで髪や頭皮が傷んでいく市販の白髪染め。その理由としては、白髪染めに含まれている薬剤の影響が挙げられています。
一瞬で髪の色を変えてしまうほどの威力がある薬剤です。髪や頭皮にはあまり良いとは思えませんよね。もちろんその通りで、使うたびに髪や頭皮を傷めてしまうため、白髪は染まっても髪質はボロボロになっていくという悪循環に陥ってしまうんです。
しかし、わかっているけれど市販の白髪染めを使わざるを得ない!というときってありますよね。
そんなとき、なるべく髪や頭皮へのダメージを減らして白髪を染められる方法について今回はお話します。

髪や頭皮へのダメージは最小限に抑えて白髪を染める方法、ポイントは?

ここでは、市販の白髪染めを使って髪を染めることを前提としてお話します。
まず、肌に余計に薬剤がついてしまわないように、白髪を染める前にきちんと準備をしましょう。耳にイヤーキャップをして耳の後ろから生え際にかけてコールドクリームを塗っていきます。こっくりとしたテクスチャーの油性クリームであればスキンケアに使っているものでかまいません。たっぷりとつけて、おでこなどに薬剤がつくのを防ぎましょう。
髪を4つぐらいにブロッキングしたら、白髪が気になる部分の生え際から塗っていきます。生え際を塗ったら、後頭部の髪の根元からゆっくりとコームで薬剤を伸ばしていきます。ブロッキングで分けた部分の境目を先に塗ってから、内側の髪に塗るようにするときれいに染まり、頭皮に思い切りついてしまうこともありません。
髪全体に塗ることができたら、再度髪の根元からコームで毛先まで伸ばします。
頭皮には決して刷り込んだりしないように目の粗いコームを使ってなじませます。
ここから、パッケージに記載されている放置時間だけ、放置します。ホットタオルなどを巻いておくと染まりが良くなるのでおすすめです。
髪全体になじませるまでは10分〜20分を目安にしてください。塗る時間があまりに長いとその間も頭皮が痛む原因になります。
放置時間を気持ち早めに切り上げたらしっかりと洗い流し、シャンプー、コンディショナーで整えます。
ポイントは放置時間を絶対にオーバーしないということと、頭皮には薬剤をつけないということです。揉みこんだりしなければ頭皮にくっついてしまうことはほぼありません。目の粗いコームで、力を入れずになじませるのがコツです。

異変を感じたらすぐに使用を中止しよう

どんなに正しい使い方をしていても、白髪染めが肌に合わない場合はかゆみやヒリヒリしたりすると思います。
そういったときはすぐに使用を中止して、専門医に診てもらうようにしましょう。
なんとかなるかと放置していると炎症がひどくなり、白髪染めどころかシャンプーすらもできなくなってしまう可能性もあるからです。

女性用の育毛シャンプーを使ってみませんか

自分に合っているかどうかは大事

薄毛で悩んでいるのは、男性だけではありません。以前は、男性ばかりのことだと思われていたので、男性用の育毛ケア商品ばかりでした。しかし、今ではそう言うことはありません。女性も悩んでいる人が多くなったので、育毛ケア商品を性別で選べるようになりました。やはり、自分の性別で選ぶことは重要です。男女で薄毛や抜け毛の原因は変わるからです。だから、夫婦で同じ育毛ケア商品を使わないほうが良いと言われているのです。

自分に合っている育毛シャンプーを探すことから始めましょう。シャンプーを変えるだけなので、とても簡単です。今ではかなり種類が増えていますので、選ぶだけでも大変かもしれません。口コミを参考にすると選びやすくなるでしょう。自分と似たような年代であったり、肌質の人の口コミを参考にしてみましょう。そうすると、自分に合っている可能性がかなり高いからです。

サンプルがあれば、まずはサンプルをもらいましょう。ないことも多いので、小さいお試し用があればそれを買って使ってみてください。現品しかないことも多いです。しばらく試しに使ってみて、どうしても合わないなら中止して、そうでなければ使い続けてください。しばらく使い続けないと本当に合っているか、効果が現れにくいからです。

使い方も考えなおしたほうが良いでしょう

シャンプーを適当に使っていませんか。使い方も重要なことです。薄毛や抜け毛と直結することですので、気を付けましょう。女性用の育毛シャンプーを購入したけれど、使い方が良くない場合は効果を実感することができないはずです。正しく使って、薄毛や抜け毛の悩みから卒業しましょう。

髪の毛と頭皮をお湯で軽く洗いましょう。それからシャンプーを使います。適量を泡立てて使ってください。頭皮全体を洗います。ごしごしと爪を立てないで、丁寧に洗ってください。ここが一番のポイントです。頭皮はとてもデリケートなので、優しく洗いましょう。特に、薄毛で悩んでいる人は頭皮環境が悪いので注意が必要です。

泡の力で頭皮の毛穴の汚れをかき出します。だから、泡を頭皮全体に行き渡らせることが大事なのです。洗いにくいと思ったら、頭皮ブラシを使って洗っても構いません。もちろん、力を入れすぎないように気を付けてください。

それからしっかりとすすぎましょう。泡が残ると汚れも一緒に残ってしまいます。泡が全く残らないように、丁寧にすすいでください。こうすることで、頭皮の毛穴の汚れを取り除くことができます。この繰り返しで頭皮が常に良い状態に保たれて、髪の毛が健康的になるのです。