準備中

女性の薄毛の原因は、加齢やホルモンバランスによるものが多い

部分的なハゲではなく、髪全体が少なくなってしまって地肌が覗いてしまうことの多い女性の薄毛。この女性特有の薄毛の原因は、加齢によるものはもちろんホルモンバランスの変化によるものが多いとされています。

髪の生成や成長を促す作用のある女性ホルモンの一つ、エストロゲンは加齢とともにゆっくりと減少していきます。女性ホルモンの分泌のピークは25歳ごろとも言われていますので早い人では20代から髪の衰えを感じる人もいるのです。特に更年期を迎えると、女性ホルモンは一気に減少するため、抜け毛や薄毛が増えてしまう人が多いのです。

また、ホルモンバランスの乱れは更年期を迎える前にも訪れる機会は多いです。一つは妊娠と出産です。妊娠時はプロゲステロンと言われる黄体ホルモンが盛んに分泌されているのですが、出産をするとエストロゲンが急激に増加するため、体がついていけなくなってホルモンバランスが乱れ、抜け毛や薄毛に繋がってしまうのです。時間が経ってホルモンバランスが正常になれば次第に治ってはいくものですが、いきなりごっそり抜けてしまう人もいるので心配になりますよね。

更年期や出産後の抜け毛はある程度は仕方がないものではありますが、日頃から不規則な生活やストレスの多い生活などで、ホルモンバランスを乱してしまっているがために抜け毛や薄毛の症状に悩まされている人もいます。

栄養不足によって髪が育たず、抜け落ちてしまう場合も

最近は薄毛の悩みを若い女性も抱えていると聞きます。その理由は無理なダイエットやバランスの悪い食生活による栄養不足です。

急激に体重を減らしたり、栄養の偏った食事をしていることであらゆるホルモンの分泌量が低下していきます。女性ホルモンももちろん分泌量が減少してしまい、髪の発達に悪影響を及ぼしてしまうのです。ひどい人は髪がきちんと育たず途中で抜けてしまうこともあります。

また、栄養が足りないと血液も上手に作られることがありません。髪を作るには血液が必要ですが、エネルギーとなる血液が栄養不足のために足りなくなってしまっているようでは、いつになっても髪が作られることがなくなってしまうのです。やがて抜けても髪がまた成長するということがなくなってしまい、薄毛となってしまうのです。

男性の薄毛と違い、女性特有の薄毛は生活習慣の見直しなどでほぼ直すことができます。なんとなく抜け毛が増えてきたなと感じたら、薄毛になってしまう前に予防することが大事です。